百獣のカメラ買取王>カメライオン

BLOG

雨の日も撮影を楽しもう!

季節前倒しの近年、やはり異常気象でしょうか?例年よりも早すぎる梅雨入りですね。雨の日は撮影できないから、お家でカメラのメンテナンスや現像をしたりする人もいると思います。しかし雨やくもりだからこそ撮れるものもあります。ジメジメして雨や曇りの天気が続くと気分も落ち込んできます。今日は天気が悪いから写真を撮りに行こう!となるような雨ならではの写真撮影の方法と雨天撮影時の注意点をお話します。

雨の日撮影

くもり空に向いている撮影

くもりの日は太陽光の反射が少ないので光が均一に当たります。光が弱いので強い影もできません。全体的に低コントラストでフラットな印象に仕上がります。特に自然を撮る場合は画面全体が落ち着き、しっとりとした色味とトーンになります。落ち着いた質感からは湿度まで感じるとることができます。

雨の日撮影

お花の撮影では赤や黄色といった色飽和しやすい色味をきれいにだすことができます。色飽和と言うのは、彩度が高くなりすぎて色の階調やディテールが損なわれ、ペンキを塗ったようにべたっとした感じになることを言います。真っ赤なバラなど、晴れて強い光が当たるとべったりと赤く立体感のない仕上がりになります。赤や黄色の花はくもりのタイミングで撮るのが良いです。ポートレート撮影では被写体の顔に影がつかないので肌のトーンも美しく表現され、優しい印象の写真に仕上がります。

 

雨の日に向いている撮影

雨上がりの水たまりをよく見てみてください。鏡のように何かが写り込んでいませんか?ぐるっと一周して角度を変えて見てみると水たまりの中の景色は変わります。自分の影を写しこんでみたりしてリフレクション撮影を楽しみましょう。雨がやまないなら水たまりや池の雨水の波紋もとても絵になります。降り注ぐ雨の軌跡を撮るのもおもしろいです。低速シャッターで背景は暗い目の色味を選ぶと雨な軌跡を撮ることができます。

公園に行けば植物があります。雨水で水滴のついたお花や葉っぱはとてもいきいきして見えますね。艶っぽい植物やお花はとてもフォトジェニックです。湿度感を出したい場合はレンズに息を吹きかけて曇らせてからシャッターを切ってください。良い感じのソフトフィルター感があってもやっとした雰囲気に仕上がります。雨の風景写真ならカラフルな傘の色を入れるのもアクセントになります。傘を使った写真といえばソール・ライターが有名ですね。参考にしてみてください。

雨の日撮影

雨の日の撮影で注意すること

オリンパスやペンタックスのように防じん防滴機能のついたカメラやレンズなら小雨程度の雨なら大丈夫ですが、防水機能ではないのでやはり水濡れには気をつけるべきです。特にレンズ交換やSDカード、バッテリーの交換時にも手が濡れていないか、水滴がついていないかなど注意して交換をしてください。撮影時の注意点として、雨から機材を守ることが第一ですが、くもっているため光量不足になります。光量が少ないということはシャッタースピードが遅くなります。手持ち撮影の場合は手ぶれに注意をしてください。ISO感度を高く設定するかISOオートで撮影をしましょう。

雨の日の撮影で使える便利グッズ

カメラ用のレインカバーがあるのをご存知でしょうか?傘をさしながら撮影するから大丈夫と思っていても、撮影に夢中になるとカメラやレンズが雨に濡れていることに気づかない場合もあります。大事なカメラを壊さないためにも雨対策は必要です。

 

レインカバーを手に入れなくても簡単に代用できるグッズもあります。超定番の便利アイテム「シャワーキャップ」です。あくまでも代用品ですのでやはり雨水の侵入には気をつけて使用してください。100円ショップでも手に入るし、ホテルのアメニティで置いてあるのを持ち帰って、カメラバックに入れておくといざと言うときに助かります。私は傘をさしてカメラにタオルをかけて持ち歩きます。カメラやレンズに水滴がついてもすぐに拭けるし、自分の手が濡れた場合も拭けるのが良いです。またカメラバッグ用のレインカバーも販売されていますので1つ持っていると突然の雨の時に役立ちます。雨の日の撮影にはレンズフードもお忘れなく。曇っているからフードはいらないかなと思っていても、レンズ表面につく水滴防止になりますので必ず持って行きましょう。

撮影後の機材のメンテナンスは必須!

撮影後はしっかりとカメラやレンズのお手入れを忘れないでください。しっかりと水分を拭き取り、ブロアーでホコリも落としてください。あとは乾燥剤を入れたドライボックスで保管しましょう。決して撮影後カメラやレンズをそのまま放置しないでください。カビやクモリの原因になってしまい、修理代が高くついてしまいます。私個人としては大好きなキノコの発生が爆発する時期でもありますので、山や公園に佇むキノコ撮影に行ったりと雨の時期は楽しみでもあります。皆さんも雨でカメラが濡れないように注意しながら、ぜひ雨の日の写真を楽しんでいただけたらと思います。

 

無料で
今すぐ査定!

納得の高額買取!
まずは実感!たった60秒でカンタン無料査定!

査定フォームはこちら
査定フォーム