百獣のカメラ買取王>
		カメライオン

Blog

改造レンズ ってなに?というくらい何も知らない無知の状態からスタートです。改造っていうぐらいだから何かゴテゴテとレンズに装飾がされているのか?レンズのビジュアルがカスタマイズされてパワーアップしているような勝手なイメージでしたが… 見ため普通でした!!これはペンタックスのズームレンズですね。smc PENTAX-M zoom 40-80mm f2.8-4 です。さて、何がどのように改造されているのでしょう?見ためは変わらないので、中のレンズに何か仕掛けがあるのでしょう。私の愛用機である富士フィルムのX-T2にはじめて改造レンズが装着されます。はじめてのことでもうドキドキです。レンズはペンタックスなので、そのままでは富士フィルムのカメラにはつけれません。ここでマウントアダプターの登場です。 これはミラーレスの時代になってから重宝されている、マウントアダプターという素晴らしいレンズアクセサリーです。このマウントアダプターの登場によって、世の中のミラーレスユーザーは世界が広がりました。基本的にはメーカー違い、つまりマウント違いのレンズはカメラに取り付けることは不可能でしたが、それを可能にしたのがマウントアダプターです。昔の銘玉と呼ばれるオールドレンズもマウントアダプターのおかげで使えるようになりました。マウントアダプターを手にすると「レンズ沼」という危険な領域に入り込んでしまうそうですよ。購入時は十分にご注意ください!   マウントアダプターについてはこちらの記事も参考にしてください。   今回、この改造レンズと共にお借りしたのがK&F ConceptのマウントアダプターですPK-FXと書かれているのはペンタックスKマウントと富士フィルムXマウントを接続するという意味です。購入するときはボディ側マウント、レンズ側マウントを間違えないように注意してくださいね。K&F Conceptのマウントアダプターは作りがしっかりしていて、つけた感じも固すぎす、ゆるすぎず着脱に安心感があります。   さて、安心感のあるK&F Conceptのマウントアダプターの装着は良しとして、この謎だらけでどこの馬の骨だかわからない改造レンズの取り付けは不安でいっぱいです。マウントアダプターと改造レンズをつけたX-T2の見たことないビジュアルにも違和感しかありません。さらに追い打ちをかけるのがこの画角です。40-80mmという珍しい画角で、富士フィルムのカメラはAPS-Cセンサーなので35mm換算だと60−120mm。普段あまり使わない画角なだけにさらに不安感を煽ります。恐る恐る改造レンズを装着したまま近所の公園へ撮影に行きました。公園でカメラを持ってウロウロしているとお散歩おじさんによく話しかけられるので、なるべく人のいないところで撮影開始です。 まずはいつもモデルをお願いしている、指立てて態度の悪いおねーさんを一枚撮影します。全体的にあまい描写ですね。 次にハート型の植物を一枚。ん?ソフトフォーカス感。柔らかい感じに写りました。 さらにふんわりとします。ピントはどこでしょう? マニュアルフォーカスでの撮影なのでフォーカスピーキングを活用したいところですが、ファインダー内で大きく拡大表示してもほとんどピーキングの線は見えません。 あまりにもフワフワ写るのでこちらまでフワフワしてきます。優しいモードに突入した頃に突然シャープに写った一枚。気分屋さんなのか?ワケがわかりません。 つまり基本はやさし〜く写り、たまにシャキッとするレンズなのね。と思いながら写し続けると、マクロ切り替えボタンを発見!さっそくマクロONにしてみます。マウントアダプターを通しているのでピントはマニュアルフォーカスです。それまでピントリングをグルグル回していましたがマクロに切りかえると直進式ズームのようにピントリングはグルグルから前後への動きに変わります。これも謎の仕様ですね。そしてマクロに切りかえてから撮った一枚がこれです。 なにやら後ろの背景がザワザワしています。これはもしかして… 玉ボケがいっぱい!! これは…   改造バブルボケレンズ!!   バブルボケはシャボン玉ボケとも言われ、玉ボケ(写真内の背景にある点光源が玉状に写ること)の中でもさらに玉ボケの輪郭がはっきりしていることを言います。   改造レンズじゃなくてもバブルボケが撮れるレンズはあります。バブルボケレンズの代表はこちらです。   ◉ Meyer-Optik Gorlitz Trioplan 100mm/f2.8   ◉ Meyer-Optik Gorlitz Domiplan 50mm F2.8   ◉ Super Takumar 105mm F2.8   ◉ Fujinon 55mm F2.2   今回使ってみた改造バブルボケレンズですが、なかなか手強いレンズです。使いこなすにはまだまだ修行が必要のようです。このような一筋縄ではいかない個性的なレンズもおもしろいですね。改造レンズは安価で販売されているものもありますので挑戦してみてください。

ケンコートキナーから発売されている個性的レンズで有名なレンズベビーのシリーズから「SOL45」を試してみました。小さい!軽い!おもしろいです!レンズ が大きく傾いているように見えますね。さてこれは何でしょうか? まずはレンズベビーってなに?という疑問からお答えします。アメリカのレンズメーカーで独特のボケ味が特徴的です。流れるようなボケや回転するようなボケという「普通」ではない個性的なレンズ を作っているメーカーです。基本的に電子接点を持たないレンズ のためフォーカスはマニュアルフォーカスでの撮影となります。日本ではケンコートキナーが取り扱いしています。ケンコートキナーといえばチーフデモンストレーターの田原さんが有名ですね。このかたの商品説明はとてもわかりやすいので、カメラ好きな人はぜひ田原さんのYouTubeチャンネルも見てくださいね。 レンズ ベビーSOL45のスペック 焦点距離:45mm 明るさ:F3.5(F値固定)※ボケブレード使用時はF5相当 大きさ:一眼レフ用 39×φ73mm ミラーレス用 64×φ73mm 重さ:一眼レフ用 約150g ミラーレス用 約272g フィルター径:46mm 最短撮影距離:0.34m 最大撮影距離:約0.16倍 フォーカス方式:マニュアルフォーカス 対応マウント:キヤノンEF、キヤノンRF、ニコンF、ニコンZ、ソニーE、ソニーA、フジX、ペンタックスK レンズベビー SOL45の使い方 さて冒頭でお伝えした、レンズ が大きく傾いている謎について。これはティルト機能というもので、レンズを傾けることで円形のピントエリアをフレーム内で自由に動かすことができるという機能です。 円形のピント位置を動かすにはセンターロックを解除する必要があります。外側の大きなリングを鍵マーク横の矢印とは反対方向に回すとセンターロックが解除されます。円形のピント位置をピントを合わせたい位置に持っていき、前側のピントリングを回してピント合わせをしてからシャッターを切ります。フォーカスはマニュアルフォーカスになりますので、普段からマニュアルフォーカスに慣れていない人はカメラの設定からフォーカスピーキングをオンにしてピント合わせをすると初心者でもピント合わせが簡単になります。 【センターロック状態。ピント位置は真ん中】 【センターロック解除。レンズ を傾けてピント位置を左側に合わせた状態】 【センターロック解除。レンズ を傾けてピント位置を右側に合わせた状態】 そしてもうひとつ謎、レンズ前面に付いている「ボケブレード」の登場です。これは手動で動かすことができ、レンズの前にかぶるようにするとボケにテクスチャが加わります。線を引いたように流れるようなボケが特徴的です。特にボケ部分に点光源などがあるとテクスチャの効果は大きいようです。 ボケブレードありとなしの写真を撮りましたので違いを比較してみてください。 ボケブレードなしだと滑らかなボケです。 【ボケブレードなし】 【ボケブレードあり】 ボケブレードありだと周りに線を引いたようなボケ味が出ます。ボケブレードは手動で位置を決めることができるのでテクスチャの効果を好きなように調整することができます。ただしボケブレードを調整するとピントリングも一緒に動いてしまうのが難点ではあります。 レンズベビー SOL45に向いている被写体は? 一番のおすすめの被写体はやはりポートレートでしょうね。女性や子供さんをモデルに撮るのが良いと思います。円形のピント位置を画面内で動かすことができるので、人物の顔にピント位置を持ってきて周辺をふわっとぼかして優しい雰囲気に仕上げると良いですね。ボケの効果が大きく幻想的な雰囲気に撮れるので、一枚撮ったらこんな風に撮れますよとモデルさんに写真を見せてあげると、テンションも上がって良い表情が撮れると思います。また他の使用方法として、SNSに写真を載せたいときや隠したいものが写り込んでいるときにもこの強いボケは目隠しとして有効ですね。SNSに投稿したいのに、どうしても背景に人物が入ってしまって困る!というときにモザイクがわりとして使えますよ。風景撮影や日常のスナップでももちろん使えます。普段見慣れている風景が幻想的な風景になり味のある一枚になります。   レンズベビーシリーズの中には他にも似たような機能のレンズがあります。「コンポーザープロII」というレンズもティルト機能を搭載しているので、SOL45と同じようにピント位置を画面内で自由に動かすことができます。また「Velvet 」は中心部のみにピントの芯を残し、ふんわりと優しい描写になるソフトフォーカスレンズです。   各種レンズマウントが発売されています。写りも優しいですが、価格も優しいのでぜひ個性的なボケ効果を楽しめるレンズ「レンズ ベビー SOL45」を使ってみてくださいね。

撮っている時には気づかない恐ろしい事実、それは「ピンボケ」です。撮影後パソコンで見るとどれもこれもピントがあまい。肝心なところにピントが来ていない。もう悲劇です。とくに大切な撮影の場面ではピンボケ写真だけは避けたいものです。少々構図がイマイチでも、ピントさえバッチリ合っていれば後でトリミングすれば良い写真になります。ちょっとピンボケな写真も雰囲気が良ければ私は好きですが、やはりピントを外さないようにきっちりとシャープな写真が撮れるようになりたいですね。 ピントはどこに合わせる? 画面内のどこにピントを合わせれば良いのでしょうか?正解は「見せたいもの」です。何を撮りたいのか?被写体のどこに魅力を感じるのか?主題となるものにピントを合わせると撮影者の意図が伝わる写真になります。人物撮影なら顔や目にピントを合わせるのが一般的ですね。ピントを合わせる場所に迷ったらとりあえずピントの位置を変えて何枚も撮りましょう。そして後から見比べてみて自分の表現に適した一枚、しっくりくる一枚があるはずです。ピントの合わせ方は大きく分けて二種類の方法があります。   ◉フォーカスロックで合わせる   ピントを合わせてからフレーミングを変える方法です。オートフォーカスの設定はAF-Sに設定します。ピントを合わせたい被写体を画面真ん中に置いてシャッターを半押ししてピントを合わせます。そのままシャッター半押しの状態でフォーカスがロックされたままフレーミングを変えて撮ります。ただしフォーカスロックは明るいレンズの絞り開放側で撮るときや、近距離撮影の時は角度のズレが生じるので、わずかにピントがずれてボケてしまうことがあります。   ◉フォーカスエリアを選択する   フォーカスロックとは逆にフレーミングを決めてからピントを合わせる方法です。同じくオートフォーカスの設定はAF-Sに設定します。先にフレーミングを決めたら、ピントを合わせたい被写体にフォーカスエリアを十字キーで動かして合わせてください。液晶にタッチフォーカスの機能がついていれば便利ですね。三脚使用時や同じ構図で何枚も撮影するときはこの方法が便利です。   ピントが合いにくい状況もあり ピントが合いにくい状況や、カメラのオートフォーカスが苦手な被写体もあります。   ◉ 遠くて暗い被写体 ◉ 背景の色と同色の被写体、色のコントラストが少ないもの ◉ ビルの窓のように連続する模様や繰り返しパターンのもの ◉ 檻の中の動物など、フォーカスエリア内に距離の差がある場合 ピーキングを活用して「ピントの山」を見つける 上にあげたカメラが苦手な被写体や夜の撮影ではピント合わせが難しい状況です。繊細なピント合わせをするなら設定をオートフォーカスではなく、マニュアルフォーカスに切りかえてみましょう。ピントリングを回して手動で自分の好きな位置にピントを合わせることができます。その時にカメラの設定でピーキングという機能を使うと、ピントの合っている部分が白色や赤色などの線で目に見えるので、初心者でもマニュアルでピント合わせが簡単にできます。この機能を使ってピントを合わせたい位置にピントリングを左右に動かしながら微調整しましょう。輪郭がはっきりと一番鮮明に見える部分がいわゆる「ピントの山」というものです。まずは動かない被写体でピーキングを使用してマニュアルフォーカスの練習をしてみてください。自分の意図通りにきっちりとピントの合った写真が撮れるようになれば格段に写真の腕は上がります。 手ブレや被写体ブレにも注意 ピンボケ以外にも写真をイマイチに仕上げてしまうのが手ブレと被写体ブレです。全体的にモヤっとしていて被写体がはっきりしていないのはピンボケですが、一方向に少しズレがあるものはブレです。シャッターを押す瞬間にカメラがブレてしまうことで生じる「手ブレ」と、カメラは固定していたが被写体が動いてしまい被写体だけがブレているのが「被写体ブレ」です。手ブレ、被写体ブレともにシャッタースピードを速くすることで回避できます。手ブレに関してはカメラの構え方を見直すことでも改善されます。まずは撮影後の写真を見て「ピンボケ」「手ブレ」「被写体ブレ」を見分けられるようにしましょう。 スローシャッターだったので手ブレしてしまった例 こちらもスローシャッターのため被写体ブレしてしまった例 最近のカメラの性能はとても優れていて、キヤノンのEOS R5はカメラボディとレンズ両方の協調制御で8段分の手ブレ補正効果があるとか。くしゃみしながらシャッター切ってもバッチリピントが合いそうなすごい性能ですね。またパナソニックは撮影した後からでもピント位置を変更できるというすごい機能を持ったカメラもあります。このようなカメラの性能に頼るのもアリですが、ピンボケやブレは後から修正もできないので、撮影時にきっちりと撮れるように練習しましょう。

突然カメラの調子が悪くなったり、動作に違和感を感じるはことありませんか? もしかして故障?となった場合、高額な修理費用がかかる上、修理中はカメラを使用することができなくなります。修理に出す前に自分で対処できる場合もありますので、カメラトラブルのよくある例をあげてみました。参考にしてみてください。 カメラが起動しない 長期間カメラを使っていなかった場合、バッテリーが自然放電によって減ってしまっている場合があります。充電器でバッテリーをフル充電してみましょう。フル充電してもすぐに電源が切れてしまう場合は、バッテリー本体の劣化が考えられます。別のバッテリーで試してみるか、充電器にも不具合がないか確認が必要です。充電中のランプが点灯するか、ケーブルの接触が悪くないか確認してください。また、バッテリーの接点に汚れがついている場合もあります。汚れがあれば乾いた布で拭き取りましょう。バッテリーを入れる向きも間違いがないか確認してください。 シャッターが切れない 【ピントが合っていない】 オートフォーカスの設定ではピントが合わないとシャッターが切れない設定になっていることがあります。例えばカメラと被写体の距離が近すぎるという場合があります。レンズには最短撮影距離というものがあり、それよりも近づいてしまうとピントが合わなくなります。例えば最短撮影距離が0.25mのレンズの場合は0.25m(25cm)よりも近づきすぎるとピントが合いませんのでシャッターが切れません。最短撮影距離はレンズによって異なり、ズームレンズの場合は焦点距離によっても異なる場合があります。 また暗い場所もオートフォーカスが苦手とする場面なので、ピントが合いにくくシャッターが切れないことがあります。   【メモリーカードの書き込み中】 連写をした時にカメラの連続撮影枚数の上限に達してしまう場合や、メモリーカードの書き込み速度が遅い場合シャッターが切れなくなります。連写をよく使う人はメモリーカードの書き込み速度の速いものを選ぶようにしてください。 写真にゴミが写る 【レンズに汚れがついている】 レンズの前と後ろをほこりや汚れがついていないか確認し、ブロアーで吹き飛ばしましょう。その後、専用のレンズクリーナーとクロスで拭いてください。   【センサーにゴミが付着している】 空を撮影した時に青空の上に黒い点が写り込むことがあります。これはカメラ内部のセンサーにゴミがついている場合が多いです。一眼レフはセンサーがミラーの裏側にあるので、設定からミラーアップをしブロアーでホコリを飛ばしましょう。デジカメによってはセンサークリーニング機能がついたものもあります。それでも取れない場合はカメラ専門店やメーカーにセンサー清掃を依頼しましょう。 青空は特にセンサーの汚れが目立ちます ピントが合わない 【フォーカス設定の確認】 シャッターが切れない原因としてまずは、フォーカス設定がAF(オートフォーカス)ではなくMF(マニュアルフォーカス)になっていないか設定を確認しましょう。レンズ側にAF/MFの切り替えスイッチがある場合もあります。 【最短撮影距離よりも近づきすぎている】 シャッターが切れないとき同様、最短撮影距離よりも被写体に近づきすぎている場合、ピントが合いません。少し離れてシャッターを切ってみましょう。   【ファインダーの視度調整を設定する】 ファインダーをのぞいて撮影する人は自分の視力に合わせて視度調整をしましょう。視度調整が自分の目の視力に合っていないとピントがずれて見えます。 カメラの修理相場は? 残念ながら自分で対処してもどうにもならない場合は、メーカーやカメラ専門店に修理に出しましょう。技術料と修理箇所の部品代が請求されます。一律料金制の場合もありますが、見積もりとなることもあります。レンズなら1万円〜、ボディなら2万円〜とカメラやレンズの修理は高額になることが多いです。さらに修理受付の時には修理代とは別に配送代や受付手数料などが2千円前後かかります。場合によっては同じものを中古で購入できる金額になることもあります。修理の見積もりが高額だった場合は、中古品で購入することも検討してみてください。 カメラのトラブルをなくすためには 【衝撃を与えない】 精密機器なのでカメラやレンズ内部の各部品に衝撃が加わると故障の原因になります。落とさないこと、ぶつけないことに注意してください。落下防止のため、カメラは必ずストラップをつけて使用し、レンズは保護フィルターとレンズフードを使用するようにしましょう。   【レンズ交換は素早くする】 レンズ交換時にカメラ内部に砂やホコリが入ってしまうことがあります。特に風が強い日は車内やカメラバック内でレンズ交換をしましょう。無理な場合は風を背に向けたり、建物の壁などを利用して風よけができる場所でレンズ交換をしてくだい。   【定期的に掃除をする】 カメラやレンズは汚れやホコリがついたまま放置するとカビやクモリの原因になります。防塵防滴の性能があるカメラでも濡れたまま放置したり、外での撮影後に砂ぼこりがついたまま放置するのは危険です。   カメラのトラブルが起きてしまうのは使用頻度にもよりますが、定期的なお手入れをして常にきれいな状態で保管をしてください。カメラは精密機器なので大切に扱って長く使えるようにしましょう。

先日、久々にフィルムカメラを使ってからフィルム熱が新たに再燃している今日この頃。今日はフィルムカメラをこれから始める人たちに向けてフィルムの種類と選び方を解説します。最近は若い人たちの間でフィルムカメラが流行っているということで、フィルムを知らない世代にもわかるようにフィルムの仕組みもお話します。 フィルムカメラのメリットとは? たくさん撮影できるデジカメとは違い、フィルムには24枚撮りや36枚撮りといった撮影枚数に制限があります。そのため、容易にシャッターを切ることはしないので、一枚一枚の撮影に時間がかかります。デジカメと違ってフィルムカメラは構図、露出、ピント合わせと一枚の写真を撮るまでのアプローチがたくさんあります。一枚の撮影に時間がかかることで、その時の空気感や感じたことなど、五感の感覚までも写真に記録されることがあります。思い出の情報量の多さがデジカメで撮った写真とは全く異なります。 フィルムの仕組み フィルムは透明なベース素材に写真用乳剤を塗布したもので、写真用乳剤が光を受けることで光化学反応を起こします。この写真用乳剤の違いによってフィルムの色味や個性が変わってきます。撮影が終わるとフィルムを写真屋さんに持っていき、現像処理をしてもらうことで化学反応を起こした部分の画像がフィルムに現れます。現像されたフィルムからは写真ペーパーに焼きつけてプリントしたり、データ化してCD-Rに書き込みしたり、スマホへデータ転送をすることができるようになります。 フィルムの種類 フィルムの形状で分類すると大きく3つに分かれます。   ◉ 35ミリフィルム   一般的に多く使われているフィルムが35ミリフィルムです。フィルムの両はしにはパーフォレーションと呼ばれている穴が空いていて、カメラ内部の歯車と噛み合わせることでフィルムを一枚づつ巻き上げることができます。このパーフォレーションも含めてフィルムの幅が35ミリなので35ミリフィルムと呼ばれています。日本工業規格では135ミリフィルムと分類されています。「ライカ版」や「フルサイズ」と呼ばれることもあります。24枚撮りや36枚撮りが一般的です。 ◉ ブローニーフィルム   中判カメラに使用される約60ミリ幅の35ミリよりも大きなサイズのフィルムです。120フィルムとも呼ばれます。二眼レフやバケペンと呼ばれているペンタックス67、トイカメラのホルガなどで使用されます。いろんなフォーマットがあり、6×4.5、6×6、6×7などの画面サイズがあります。撮影枚数は6×4.5cmが16枚、6×6cmが12枚、6×7cmが10枚です。 ◉ シートフィルム   大判カメラに使用されるフィルムです。蛇腹のついた大きなカメラで、リンホフやジナーというカメラメーカーが有名です。シートフィルムは4×5インチ(シノゴ)、5×7インチ(ゴーナナ)、8×10インチ(エイトバイテン)などがあります。 フィルムの選び方 フィルムには白黒フィルムとカラーフィルムがありますが、カラーフィルムはネガフィルムとポジフィルムの2つに分かれます。ネガフィルムは現像すると画像の明暗と色味が反転しています。つまりネガ画像(ネガティブ、陰画)で仕上がるカラーフィルムのことです。写真ペーパーにプリントする時や、データ化するときに明暗と色味が視覚と同じように仕上がります。ポジフィルムはリバーサルフィルムと呼ばれることもあり、現像するとネガフィルムとは逆に明暗、色味が反転していないのでポジ画像(ポジティブ、陽画)で仕上がるカラーフィルムのことです。現像後のフィルムは視覚と同じように仕上がります。 上が現像後のネガフィルムで下が現像後のポジフィルム 次に一般的によく使われていて、現在でも入手可能なフィルム一覧です。(2021年6月現在)   【35ミリカラーフィルム】 現像は写真店でスピード仕上げが可能。スマホ転送のサービスもあり、フィルムの値段も安めなので一般的な用途には最適です。   ・FUJIFILM SUPERIA PREMIUM 400 ・Kodak ColorPlus 200 ・Kodak UltraMAX 400   【35ミリポジフィルム】 現像は日にちがかかり現像代も少しお高め。色の発色は強くコントラストも強め。露出寛容度が狭いので適正な露出で撮影する必要があります。露出の勉強をしたい人や、現像後のフィルムをそのまま鑑賞したい場合におすすめです。   ・FUJIFILMフジクローム 135 Velvia 50  ・FUJIFILM 135 PROVIA100F  ・Kodak エクタクロームE100   【35ミリ白黒フィルム】 カラーフィルムのように色が付いていないので光の濃淡、白から黒の階調だけで表現するフィルムです。カラー写真にはない世界を撮影することができます。   ・FUJIFILM 135 ACROS100 II ・ILFORD XP2スーパー400 ・Kodak T-MAX100(TMX) フィルムは失敗だらけ!注意点は? 最後にフィルム写真でのよくある失敗例をあげておきます。   【光カブリ】 撮り終わったあとフィルムの巻き戻しをするのを忘れてカメラの裏蓋を開けてしまうことがあります。そうなるとフィルムに不要な光が当たってしまい、光カブリといって写真が真っ赤になったりします。せっかく撮った写真をダメにしないためにもカメラの裏蓋を開ける時は慎重にしましょう。   【巻き上げ不良】 フィルムを入れたあと巻き上げレバーが軽く感じる時はフィルムがうまく巻けていない可能性があります。   【ピント不良】 レンズにはそれぞれ最短撮影距離というものがあります。手持ちのレンズが何センチまで被写体に寄れるのか確認しておきましょう。つい被写体に近づきすぎてしまうこともあり、現像後に見たらピントがぼけぼけだったということもあります。   現像するまでどんな風に写っているかわからないのがフィルムカメラの醍醐味でもあります。ピンボケ写真だって「味」になる時もあります。失敗も楽しみながらフィルム写真にチャレンジしてみてください。

無料で
今すぐ査定!

納得の高額買取!
まずは実感!たった60秒でカンタン無料査定!

査定フォームはこちら
査定フォーム