百獣のカメラ買取王>
		カメライオン

Blog

全国の飛行機ファンのみなさまこんにちは!今回はヒミツのお話です。このブログを読んでくれた人にだけ特別に教えます!!   先日のブログ【α7IIIレビュー】飛行機撮影の設定と撮影スポット情報という記事でソニーのα7IIIとFE100-400で飛行機撮影の仕方と撮影スポットのお話をしましたが、今回は   伊丹空港 飛行機撮影の超穴場!!のお話です。   その超穴場で飛行機撮影をするには   ◉超望遠レンズかテレコンバーターを持っている人   ◉カメラの機材一式と三脚を持って山登りができる人   に限ります。さっそくですがヒミツの場所はここです! plus code:R9PP+GM 宝塚市、兵庫県(グーグルマップの検索にこのplus codeを入力してください 宝塚ロックガーデン!?この場所に今までそんな名前はついていなかったように思いますが、最近誰かが命名したのでしょう。わかりやすいのでこの名称を使わせていただきます。伊丹空港から北西へ10キロぐらい離れた場所です。山から伊丹空港の飛行機を撮影する場合、空港から北側の五月山展望台から撮影している写真はインターネット上でも見かけますが、ここの宝塚ロックガーデンから撮影した飛行機写真はほとんど見たことがありません。この場所から撮影すると、こんな風に飛行機の写真が撮れます! FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + 2X Teleconverter (564mmで撮影) FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + 2X Teleconverter(764mmで撮影) FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS + 2X Teleconverter(746mmで撮影) FE 100-400mm F4.5-5.6 GM OSS テレコンバーターなし(400mmで撮影) いかがでしょうか?景色が最高に良い場所なんです!飛行機の背景に大阪の町並も一緒に撮影できるんです。撮影に行った日は天気がとても悪くて残念でした。晴れていればもう少しスッキリと写るでしょう。FE100-400に2倍のテレコンバーターSEL20TCを装着していますので200−800mmで撮影しています。テレコンバーターなしでも400mmで広大な景色と飛行機を撮影することは可能です。 宝塚ロックガーデンへの行き方 最寄駅は阪急宝塚線の山本駅です。ここからスタートします。北へ向かい最明寺の滝方面へ向かいます。歩いて15分ほどで「山幸」さんという和食料理店があります。ここから先は山道に入ります。道なりに進んで行くと門が出てきます。右に行くと最明寺の滝ですがそちらとは反対の左側の道に入ります。 そのまま道なりに北の方角へ進んでください。5分ほど歩くと分岐が出てきます。右に進むとふじガ丘の民家に出てしまうので左側の道に入ります。そして山道を抜けると岩場が出てきます。 ここからは要注意です。岩登りになるので両手はあけておきましょう。機材、三脚すべてザックの中にいれた方が良いです。ロープが用意されていますのでそれを使うか、なしでも登れます。東側の斜面(写真右側の砂地の部分)は比較的登りやすいです。アスレチックな岩登りができるので好きな人は楽しいと思います。一番上までくると鉄塔がありますのでそこがゴールです。山本の駅から小一時間ぐらいで到着すると思います。斜面ばかりですが良さそうな場所に三脚を設置してください。風がある日は三脚が倒れないように注意してくださいね。 足元はこんな感じの岩場です。三脚の設置もかなり慎重にしましたが、カメラとレンズを壊さないように常に三脚から手を離せない状態でした。撮影に夢中になって大事な機材を壊さないように注意してくださいね。   ※ 注意 宝塚ロックガーデンは中山〜大峰山方面へ向かう登山道ですので登山靴は必須です。特に下りが危ないので運動靴やスニーカーはやめましょう。しっかりと山登りの装備で行ってくださいね。一人で行かず同行者も連れて行きましょう。子供さんでも登れる場所ですが、高所恐怖症の人は下りが怖いかもしれません。 ここからの景色は本当に最高です。神戸方面から大阪が一望できます。季節がよければ長居してしまいますが、夏場は日陰がないのでめちゃくちゃ暑いです。伊丹空港に入ってくる飛行機の情報はスマホアプリの「フライトレーダー24」というアプリでリアルタイムに見ることができますので、それをチェックしながら飛行機がくるのを待ちましょう。 もう時期はすぎてしまったのですが、ここの西側にある中山寺から山頂までの道は4月になるとコバノミツバツツジが満開になり、ツツジのトンネルの中を歩くことができます。これからの時期は新緑がキレイです。奥の院の参道は可愛いお地蔵さまがいたり、お花やキノコなど、写真を撮るものがいっぱいありますよ。ぜひ山の自然もお楽しみください!

もうすぐ2月も終わり、春らんまんの3月がやってきます。寒かった冬から春にかけて、三寒四温を繰り返しながら春に向かうこの時期はいつもウキウキしてきます。   昨年の3月の撮影情報ですが、少し暖かく感じられる春の日に花粉症と戦いながら、京都府立植物園へカメラ仲間4人でお出かけしてきました。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F5.6 1/800 【 京都府立植物園 】   住所:京都市左京区下鴨半木町 アクセス:JR「京都駅」、近鉄「京都駅」、阪急「烏丸駅」から 京都市営地下鉄「北山駅」下車。または「北大路駅」から徒歩約10分 京阪「出町柳駅」からバス停「植物園前」下車徒歩約5分 開園時間:午前9時から午後5時まで(入園は午後4時まで) 入園料:200円   カメラ:富士フィルム X-T2 レンズ:XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS   まずはこの公園の広さにびっくりです。園内のガイドマップを見ながらゆっくり時間をかけて周るのが良いですね。つばき園やバラ園、桜林、はす池、花菖蒲園、もみじと四季折々の風景や、お花を楽しむことができますので一年中いつ行っても楽しめます。温室もあり、中に入ると見たこともない謎の植物がたくさんあり、刺激的でおもしろいです。   写真撮影での三脚使用は大丈夫のようです。立ち入り禁止エリアに入らないことや植物を傷めないようにマナーを守って利用可ですが、その都度事前に確認した方が安心ですね。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS   F5.6  1/100 ミモザがもっこもこに咲いていました。私はお花の写真を撮るのが下手でセンスの欠片もないのですが、この写真はなんとなくお気に入りです。 いかがでしょう?このクリスマスローズを図鑑の写真のように撮ってしまうセンス。とりあえず黄金分割で配置してそれなりの写真に見せようとしています。一緒に行った友人たちはみなさんセンスも良いし、構図も自由で豊かです。友人たちの良い作品を見ると写欲が湧き上がってこんなふうに撮ってみたい!と憧れるのですが、いつも仕上がりは図鑑写真です(笑)   お花の写真といえば秋山庄太郎さんが有名ですね。この方は被写体の美を最大限に引き出すことができるんですね。「美しい花をより美しく撮る」ということです。もう一人私の中では山口進さんもお花の写真家として認識しているのですが、あのジャポニカ学習帳の表紙の写真を撮り続けている写真家です。外国の見たことないお花の写真を「ありのままの姿で撮る」というスタイルに子供の頃、好奇心をくすぐられたものです。   お花の写真はカメラ初心者の人にとっては良い練習になると思います。風がなければ動かないので、ゆっくりと露出と構図を試しながら撮ることができますね。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F4 1/250 これは「ボケの花」だそうです。ということで望遠側で撮って背景をボケボケにしてみました。ボケ感が良い感じに出ました。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F4 1/160 公園にいるネコは良いモデルさんです。人懐っこい子が多いので警戒することなく撮らせてくれますね。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F5.6 1/200 こちらは雪割草(ユキワリソウ)というお花です。春の到来を知らせてくれる山野草だそうです。むらさきで小さくて可愛いです。試行錯誤しますがやはり図鑑写真のような仕上がりです。マクロレンズを使って接写で撮れば良いかもしれませんね。   XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F2.8 1/500 ミモザのお花のしたでミモザ色のマフィンをいただきました。友人の手作りでとても美味しくて癒されました。テーブルとイスがありますのでここでお茶するのもおすすめですよ。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F4 1/250 京都府立植物園のおすすめスポット「きのこ文庫」です。「未来くん広場」というかわいい場所にあります。きのこの扉を開けると本がたくさん入っていてベンチに座ってゆっくりと本を読むことができます。ノスタルジックでメルヘンな風景は撮影スポットとしておもしろいと思います。京都府立植物園に来たらここは立ち寄って欲しい場所です。 XF18-55mmF2.8-4 R LM OIS  F2.8 1/90 きのこ文庫の扉の中には「キノコの世界」が!!伊沢正名さんのキノコ写真はとても大好きです。写真だけでなく本の内容もおもしろかったです。   京都府立植物園のホームページ上で見頃の植物やお花の情報を見ることができますので暖かい日にお弁当やおやつを持ってのんびりと撮影に行ってみてはいかがでしょうか?公園内は被写体の宝庫です。広角、標準、望遠、マクロと全て持って行きましょう!平日だと人も少ないのでゆっくり撮影することができるのでおすすめです!  

みなさま、ご存知でしょうか? フォトマスター検定!!     1級受けました…正直とても難しいです! 物覚えは悪いし、問題の意味はわからないし、世の中の文字は小さすぎて読めないし(老化)勉強するのは大変でした。   「写真とカメラの実用知識検定試験」と検定パンフに記載がありましたが、1級の試験内容は実用的かどうかは疑問です。もはやカメラや写真の専門家レベルだと思いました。   今回は2019年に受験したフォトマスター検定のお話です。 「フォトマスター検定」とはなんぞや? 2004年から始まったフォトマスター検定事務局が運営している写真とカメラに関する知識や技能を問う試験のことです。写真やカメラ業界では唯一の検定試験だと思います。   別に国家資格の「写真技能士」という資格もありますが、これは肖像写真撮影を専門とした営業写真館の人を対象にした資格です。   フォトマスター検定試験の対象者は   ・写真を趣味にしていて、写真やカメラの知識を深めたい人 ・プロのカメラマン、写真家 ・写真を教える立場にある人 ・カメラメーカーや小売業でカメラに関わる仕事の人   ということでプロからアマチュアまで、カメラや写真が好きなら誰でも受験することができるんです。   フォトマスター検定は4段階の階級とさらに1級合格者だけが受験できるEX(エキスパート)に分れています。   【フォトマスター3級】→趣味としてカメラを楽しむ、また学校の写真クラブや写真店の接客業務レベル。 【フォトマスター2級】→基本の知識をベースとして一般的から中程度の知識と技能を持つレベル 【フォトマスター準1級】→趣味を極め、上級程度の知識と技能を持つレベル。 【フォトマスター1級】→他人への指導を前提とし、写真とカメラに関して科学的に解説できるレベル。 【フォトマスターEX(エキスパート)】→写真の達人レベル。高度な知識と作品創作力、写真活動実績、指導性が必要。 試験は毎年一回だけで11月に全国各地の指定会場で行われます。その試験日に向けてとにかく勉強です!仕事の休みを利用して、図書館で一日中勉強する日々が続きます。   勉強方法としては、過去の問題集を買ってきて勉強しました。数々の意味不明な写真用語がじゃんじゃん出てきます。   「過焦点距離」「許容錯乱円」「コサイン4乗則」   は???   漢字だらけだし、コサインって数学じゃないですか???もう頭がパニックで不安だらけですが、受験料を払ってしまったのでやるしかありません。   とにかく過去問題を徹底的にやります。間違えた問題は見直し、問題に対して総合的に理解できるように勉強しました。正解した問題であっても、不安な用語があればそこも勉強します。何度勉強しても頭に入らないことはノートに書いて覚えます。意外と計算問題もたくさん出るので、公式もノートに書いておきます。   過去問題3年分ぐらいを勉強すると、出題される問題の傾向がわかってくるので、ある程度勉強する内容を絞り込むことができると思います。   合格基準は7割程度の正答率を合格基準としているようです。ということは70点ではギリギリなので、80点ぐらいが取れるように目標を決めて勉強しました。6割ぐらいまでは過去問題の勉強をしっかりやれば回答できるようになっていると思います。   全く予想していなかった問題に対して、どれだけ答えることができるかがフォトマスター検定1級の合格へのカギです。 フォトマスター検定1級の試験は"80分で80問" 試験当日、指定会場に着くと受験番号で決められた席に着席します。会場内はほとんどが男性でした。女性は1割ぐらいかと思います。やはり写真やカメラに深く興味があるのは男性の方が圧倒的に多いということですね。   試験時間は80分で問題は合計80問です。1問の問題に1分以内で回答しなければいけません。しかも問題文が長くて理解するのに時間がかかる内容もありますので、文章を読む読解力も必要になってくるわけです。     マークシート方式で三択から答える問題が主です。別紙の図版を見て解答する問題もあります。   答えに不安がある問題や、まったくわからない問題にはレ点チェックを入れておいて、後から再度見直しました。試験会場には時計が設置されているので1問1分で進行できているかも時々チェックします。   最後に10分余ったのでレ点チェックを入れた問題の見直しと、まったくわからなかった問題の答えを消去法で導きだし、あとは神頼み、勘で回答します。 フォトマスター検定1級に合格!!! 12月にフォトマスター検定ホームページ上で合格者発表があります。   自分の受験番号があれば合格となり、翌月の1月に合格証書とフォトマスター認定カードが送られてきます。 ご、ご、ご、合格です!!!良かったー!   今回めでたく合格しましたが、びっくりなのは合格率の高さです。   過去のフォトマスター検定試験1級の合格率は2〜3割程度でしたが、私が受験した2019年の1級合格率はなんと50.1%という高確率でした。1級を受験した人の半分が合格したというわけです。かなりラッキーな年に受験できたようです。   私の場合は仕事で活かせると考えたので受験をしました。自分の知識レベルを表す指標として1級を取得できたことはとても満足度の高いものでした。   初めはよくわからない写真用語や理解できないことがあり、難しくて合格は無理だと思っていただけに合格した時の達成感は最高でした。   昨年末に取得して一年になりますが、写真の腕が上達するわけではなく、フォトマスター1級でも写真のレベルは1級とは程遠いものです。相変わらず「記録写真のようなもの」しか撮れません。   作品と呼べる一枚を撮ってみたいです。   今この記事を読んでくださっているみなさまも、写真やカメラに興味がある方ばかりだと思います。これからの寒い時期、外出自粛もあり写真を撮りに行く機会も減ると思います。   自宅でカメラや写真の知識が得られるフォトマスター検定の勉強をしてみるのはいかがでしょうか?  

無料で
今すぐ査定!

納得の高額買取!
まずは実感!たった60秒でカンタン無料査定!

査定フォームはこちら
査定フォーム