百獣のカメラ買取王>
		カメライオン

Blog

写真は好きなように撮るのが基本ですが、写真や絵には「構図」というものが存在し、全体の構成や配置を意識するだけで立体感やリズムが生まれたり、伝えたいものがより伝わりやすくなるという効果があります。最近はカメラやスマホの機能が高いのできれいな写真を撮ることは簡単です。   しかし、ネットやSNSで見かけるようなステキな写真を撮ってみたいけど上手く撮れない、どうすればセンスの良い写真が撮れるのか… 答えは簡単です!「構図」を知って意識してもらうだけで良い写真になります。! センスがなくても知識があれば良い写真は撮れるんです。   写真が上手くなる写真構図のパターン ・三分割構図 まずはこの構図だけでも意識してもらい、常に使うようにすれば一気に写真は良くなります。画面を縦横に三分割し、その交点にメインとなる被写体を配置することです。真ん中に被写体を配置せずに三分割に分けた交点に配置することで全体的にバランスの取れた構図に仕上がります。 これは写真構図の基本中の基本と言ってもよいぐらいよく使う構図です。 ・S字構図、C字構図 河川の流れや、道などでS字を描くように配置する方法です。 動きやリズムが感じられ、バランスの取れた構図になります。 C字構図は料理のお皿に使いやすい構図です。お皿全体を撮るのではなく、一部を切り取りC字にすることでお皿の曲線を生かして一味違った写真になります。 ・放射線構図 消失点構図とも言われます。画面内に消失点を置くことで奥行きや広がりが強調された写真になります。主に広角レンズなどを使って河川や道路、電車や橋など風景写真で使いやすい構図です。 画面のどこかに消失点を置きそこに集まる線に沿って画面に配置してください。 どこに消失点を置けばわからない場合は、三分割構図の交点に置いてみてください。 バランスも良く安定した写真になります。 以上この3パターンだけ身につけていただいても、十分に写真の構図にバリエーションが出て、良い写真が撮れるようになると思います。 もう一つ、日本人なら忘れてはいけない大事な構図もあります。   ・日の丸構図 被写体をど真ん中に配置する方法です。 日の丸構図はダサいとか、素人くさいと言われがちですがそんなことはありません。 これは被写体へのストレートな感情が出て分かりやすい写真になります。 好きなものを撮るときは全体のバランスも安定感も関係なしです。好きだからど真ん中に配置します。 構図を考えるよりも感情を前のめりに出して撮りましょう。   写真は引き算 この言葉を聞いたことがある人もいると思います。 つまり画面から不要なものは取り除き、見せたいもの、写したいものだけを画面に入れるということです。 余計なものが写っているとそこに目がいってしまい、情報がバラバラで何を撮りたかったのかわかりません。 これが撮りたい!と決まったメインの被写体にとにかく近づき、周りのいらないものを引いていくのです。近づけば必然と周りのものは画面から消えていきます。 常に一歩前へ行って被写体へ近づくことを意識して撮ってみてください。   アングルを変えることも大事 立って撮る、見上げて撮る、しゃがんで撮る。 同じ構図でもどの位置から撮るのかによってものの見え方は変わります。 ファインダーをのぞいてみてイマイチだと感じたら、少し膝を曲げてカメラの高さを変えてみるだけで構図がしっくりくることもあります。 子供さんやネコや犬といった自分の立ち位置より低いものを撮るときは、しゃがんで同じ目線から風景を切り取るとまた違った世界になります。 バリアングルモニターがついているカメラなら角度を変えればいろんな高さで撮りやすいと思います。 ハイポジション、ローポジションと撮り比べてみてください。   カメラの設定でグリッドと水平を表示させよう カメラの設定に液晶画面やファインダー上にグリッド線や水平ラインを表示させることができます。 撮影中はこのグリッド線を見ながら被写体を配置して撮ってみましょう。 これを続けることで自然と構図が身についていきます。 建物や海の水平線など水平、垂直をきっちり取らないと画面が不安定になってしまい見る側を不安にさせる写真になってしまいます。 グリッド線や水平ラインの機能を使ってきっちりと水平、垂直を撮ることが大事です。 しかし、必要であればこの水平、垂直をあえて無視して斜めに傾けて撮影する方が迫力のある写真、構図に仕上がることもあります。 今回ご紹介した構図のパターンは使いやすい代表的なものだけで、構図のパターンは他にもたくさんあります。 写真が上手い人の構図を見て参考にするのも良いのですが、私のおすすめは絵画から構図を学ぶということです。 特に昔のルネサンス期の西洋絵画は構図がどれもしっかりしています。 また絵画からは光と影の使い方も参考になるものが多いです。 フェルメールやレンブラントが代表的ですね。 優れた絵画には光と構図、色彩のバランスも含めて写真の要素に必要なことがたくさん学べると思います。写真を上手く撮れるようになりたいかたは一つの方法として取り入れてみてくださいね。  

写真を撮る時、カメラの液晶画面を見て撮るか、ファインダーをのぞいて撮るか。撮り方は人によって好みもあるかと思いますが、それぞれのメリット、デメリットを理解して使い分けていくのが理想的です。今回はカメラの液晶撮影とファインダー撮影の特徴と、撮影時に役立つノウハウをお話します。   液晶画面での撮影とファインダーで撮影 それぞれの特徴 液晶画面で撮影 ●晴天時は液晶画面が見づらい ●手ブレしやすい ●チルト式など可動式の液晶であればローアングル、ハイアングルが撮れるので撮影領域が増える   ファインダーで撮影 ●晴天時でも外光の影響を受けないので画像が見やすい ●おでこにボディをつけて撮れるのでブレが少ない ●撮影に集中できる   またファインダーには光学ファインダーと電子ビューファインダーの2種類があります。こちらもそれぞれ特徴があります。 OVF(Optical View Finder) 光学ファインダー(一眼レフ) ・レンズを通した絵をそのまま見れる ・被写体の動きとファインダー像にタイムラグが生じない ・ピントの山が掴みやすい ・電源オフでも画像が確認できる ・バッテリーの消費がない   EVF (Electronic View Finder) 電子ビューファインダー(ミラーレス) ・カメラのサイズを小さくできる ・ミラーショックがない(ミラーの振動によるブレがない) ・ミラーが上がらないので高速連写に向いている ・ファインダーで明るさや色味を確認しながら撮れる ・太陽など強い光源の撮影ができる ※ファインダー撮影の際には視度調整を ファインダーをのぞいて撮る場合は必ず視度調整をしてください。人それぞれ視力に違いがありますので、この視度調整で自身の視力に合わせる必要があります。   ファインダーの周りに視度調整を設定するダイヤルかスライド式のボタンがあると思います。ファインダーをのぞきながらシャッターを半押しして、一番ピントがはっきり見える位置に設定してください。 カメラのファインダーは"効き目"で覗く 効き目とは利き手や利き足と同じく、人それぞれ右か左かどちらかに分かれます。7割の人は右目が効き目らしいので、カメラも右目でのぞくように設計されているそうです。   効き目はどうやって調べるかというと簡単にわかります。親指と人差し指で丸を作り、数メートル先の対象物を丸の中に入れます。 そして右目と左目をそれぞれ閉じて片目で交互に見てください。どちらかの目だけ対象物が大きくずれて見えると思います。ずれて見えない方が効き目となります。 人物撮影時の使い分けノウハウ ノーファインダー撮影 人物のスナップ撮影でのちょっとした小ワザになりますが「ノーファインダー撮影」というものがあり、ファインダーをのぞかずに撮る方法です。   人はカメラを向けられると意識してしまい、表情が「写真用の顔」になることが多いです。またはお決まりのピースサインを向けられると「いつもの記念写真」になってしまいます。ノーファインダー撮影はファインダーをのぞいていないので、周りの人たちからカメラを意識されません。   この方法はチルト式液晶であれば液晶の角度が変えれるのでやりやすいです。カメラを手元に置き、液晶画面を見ながら構図を決めます。あとは被写体をじっくり観察して、良いタイミングでシャッターを切るだけです。撮られていることに気づいていないので自然な表情を撮影することができます。ただし隠し撮りっぽい感じで捉えられるので、あまり面識のない方にはこの撮影方法は控えましょう。ご家族や身近な友人の撮影に一度試してみてください。   人物写真は目つぶりや半目写真になりがちなので、ベストショットだけ厳選して見せてあげましょう。いつの間に撮ったの?とびっくりされると思います。   右目でファインダーをのぞいて撮影する方法 次にポートレート撮影ではF値を開放側で撮ることが多いので、ピントが合わせがしやすいファインダーをのぞいて撮るパターンが多いと思います。ここでの小ワザは「右目でファインダーをのぞく」ということです。先ほどファインダーは効き目でのぞくのが好ましいということを述べましたが、ポートレート撮影は右目をおすすめします。   その理由は「被写体に不安を与えないため」です。左側でファインダーをのぞくと顔全体がカメラで隠れてしまいます。縦位置、横位置どちらもカメラマンの顔が大きく隠れてしまうことでモデルさんへ威圧感を与えてしまいます。   特にポートレート撮影は被写体に声をかけたり、コミュニケーションを撮りながら撮影をしていくものなので、カメラマンの表情が見えると見えないとではモデルさんの表情も変わってくると思います。つまり右目でファインダーをのぞくと左目がモデルさんから見えるので、カメラマンの表情が見えることで威圧感を減らすことができ、結果モデルさんの良い表情を引き出すことができます。 効き目が右側の方が多数なので問題ない方の方が多いのですが、左側の人は普段と違う目で見るので撮りづらいと思います。私は困ったことに左側が効き目なので、人物撮影時だけ右目で撮影するようにしてますが、ピントが見づらいとう点があり苦労しています。 ファインダー撮影 液晶画面撮影 まとめ ファインダーと液晶のメリット、デメリットを知っていただくことで使いわけをしていただけるかと思います。 私はもともと一眼レフの光学ファインダーで慣れていたということもあり、8割ぐらいはファインダーをのぞいて撮りますが、液晶撮影の方が使いやすいこともあるので状況に応じて使い分けています。   基本は好きな方法で良いかと思いますが、ご自身の撮影スタイルに合わせて使い分けてみてください。

カメラ屋さんや家電量販店に行くとカメラやレンズのカタログがずらっと並んでますが皆さんカタログは読みますか?   これからカメラを購入検討している場合、店員さんにおすすめされたカメラや、気になるカメラのカタログを持って帰られるかと思います。作例の写真を見たり、どんな機能があるのか分かる内容になっていますが、ページの後ろの方に載っている小さい文字でいっぱい書かれたスペックや仕様の記載まではなかなか読まないと思います。   ここに書かれている用語や数字の意味が分かると、そのカメラのこともより深く理解ができ、自分の求めている性能を持ったカメラなのか判断ができるようになります。   全ての用語の解説は一度にはできないので、少しづつお話できればと思います。今回は「撮像素子」について詳しく解説をしていきます。 カメラカタログは眺めるだけ 読むだけ でも楽しめる! 解説の前に。 カメラスペックも大事ですが、カメラのカタログは読み物としても実に面白く、楽しめる内容になっています。   表紙のデザインや写真、キャッチコピーなどもじっくり見てみてください。   最近のソニーやフジフイルムのハイエンドモデルのカタログに多いのですが、黒い背景に黒いカメラのボディが立体的に写し出されています。とても難しい撮影なのではないかと思いますが、ボディの質感がうまく表現されています。絶妙なライティング技術で撮られているんだと思います。プロの技ですね。   リコーGRⅢのカタログは写真集と言ってもよいほど作例写真ばかりで文字がほとんどありません。こんな写真が撮れるんだーと購買意欲を刺激してきます。最後にスペック一覧が載っているだけで機能の説明などは一切なし、写真で語る。そしてデザインもとてもオシャレな一冊です。   キヤノンのEOS 7D MarkⅡは撮影シーンに合わせた7種類のカタログ(野鳥、鉄道、スポーツ、飛行機、野生植物、モータースポーツ、総合版)が用意されていました。   そんなにたくさん種類を出さなくても…と思ってましたが、キヤノンのこのカメラを売りたい!という思いが強く伝わってきますね。   そしてカタログのキャッチコピーの凄さといえばニコンです。   D7200「すべての鼓動を、美しく。」 D750「攻めよ、表現者。」 D850「その刹那に、かつてない精彩を」   とにかくアツい一言でカメラマンの魂を刺激してきます。   お店に入ってタダで持ち帰ってもオッケーなのがカメラカタログ。ぜひ持って帰ってスペックだけでなくいろんな視点から楽しんでみてください。 カメラカタログの内容を解説! "撮像素子"とは さて、ようやく本題です。   カメラカタログの仕様に必ず書かれている「撮像素子」という言葉「さつぞうそし」と読みます。イメージセンサーとか、センサーとも呼ばれています。レンズを通して入ってきた光を電気信号に変える部品のことを言います。   ここには主にカメラのセンサーサイズの大きさやセンサーの種類、有効画素数が書かれています。   35mmフルサイズ:35.9mm×23.9mm  裏面照射型ベイヤーCMOSセンサー 有効画素数 約2,460万画素 総画素数 約2,530万画素   こんな感じで書かれています。   サイズにはフルサイズ、APS-Cサイズ、マイクロフォーサーズなどがあり、同じフルサイズであってもメーカーによってサイズは少し違いがあります。画質に影響する部分でもあるのでセンサーサイズはカメラ購入時によく検討してください。 センサーの種類 次にセンサーの種類ですが、裏面照射型とかCMOSとかよくわからない用語ですが、これがセンサーの種類を表します。   一般的にはコダック社のベイヤーさんが開発したベイヤー配列という形式が採用されています。ベイヤーセンサーは処理速度も速く、ノイズが少ないのが特徴です。   ベイヤーセンサーが一般的なのに対して特殊な種類のセンサーもあります。フジフイルム独自のセンサーである「X-Transセンサー」は画質を低下させる色モアレや偽色を抑える技術があるので、色再現が美しいと言われています。   また、シグマの一部のカメラ に搭載されている「Foveonセンサー」は立体的で臨場感のある画質と言われていますが、処理速度の遅さと高感度に弱い点があります。 ↑上の図は撮像素子上のカラーフィルター R(レッド)G(グリーン)B(ブルー)の並びかたです。 ここは難しい話なので、センサーの種類はベイヤーセンサーが一般的でフジのX-TransとシグマのFoveonはちょっと特殊、ぐらいに覚えておけばいいですね。 有効画素数と総画素数について 先に総画素数の説明をすると、センサー全体の画素数のことでそのうち撮影に使用される画素数のことを有効画素数と言います。センサーの端の方はノイズが多く、画質が低下するので撮影時には使用されません。   つまり有効画素数の方が総画素数よりも数字は低くなります。   画素数には他に記録画素数という用語もあり、これは有効画素数のうち、実際に写真データとして記録される画素数のことを言います。 ・総画素数 約2,530万画素 ・有効画素数 約2,460万画素 ・記録画素数 6,000×4,000(24,000,000ピクセル) 一般的にカメラの画素数というと有効画素数のことを言います。   難しい話もありますが、まずは手持ちのカメラのスペックを調べてみるとわかりやすく面白いと思います。メーカーサイトにカメラカタログがPDFデータで掲載されています。   しかし現行機種であればぜひカメラ屋さんにカタログをもらいにいって、紙媒体で見ていただくことをおすすめします。作例の写真はどれも参考になりますよ。   だからと言って作例と同じようなプロの写真はなかなかマネできないのが現実ですが…カメラむずかしいですね。  

無料で
今すぐ査定!

納得の高額買取!
まずは実感!たった60秒でカンタン無料査定!

査定フォームはこちら
査定フォーム